【開拓記-025】最強の弓を作る!


この記事はTAIHARUのマインクラフト開拓記で掲載した内容です。皆さんの要望があったため公開することにしました。変更は加えていません。

 

こんにちは~

TAIHARUのマインクラフト開拓期

タイクラへようこそ!

 

弓が最強になってしまった

管理人のTAIHARUです

 

今回は弓にエンチャントをして

敵に弾き飛ばします

 

それでは楽しみましょう!

 

 

弓のエンチャント

自動釣り機で釣れる

エンチャント付の弓を

合成して最強にします!

 

まずは射撃ダメージ増加Ⅳと

射撃ダメージ増加Ⅳを合体し射撃ダメージⅤ

 

今でもⅡ+Ⅲ=Ⅴと思ってしまいます

射撃ダメージ増加Ⅴにするには

Ⅰがどれほどいるのか・・・

 

正解は16個の射撃ダメージ増加Ⅰ

必要になります  Σ(゜ロ゜;)!!

 

デホォルトでは耐久値が表示されてませんが

F3とHを同時押しすると表示されます

 

 

そのほかに便利なのは・・・

 

・F3とG チャンクの表示

 

・F3とA チャンクの再読み込み

 

 

・F3とB 当たり判定を視覚化する

 

・F3とT リソースパック再読み込み

 

そのほかにもたくさんあります

探してみてください

 

もちろんですがチートOFFでも使えます

 

最強の弓

>完成!

 

バッサリ飛ばしましたがエンチャント完了です

 

名前は「産業革命前の最強飛び道具」です

18世紀前は弓が主な飛び道具ですからね

 

1.11.2のアップデートで

「無限」と「修繕」が同時に付けられなくなりました

 

かなり痛い仕様です

 

無限か修繕どちらを優先?

 

無限を優先する場合・・・

 

・矢を一本しか持ち歩かなくていい

 

・矢を気にせずに打ち放題

 

・作るときの経験値・エンチャント本を

    大量に消費する

 

・1度壊れると修復不可

 

修繕を優先する場合・・・

 

・弓自体が壊れることは

    ないので燃費が良い

 

・経験値・エンチャント本で

   1回作ってしまえばすごーく長持ち

 

・矢をたくさん持ち歩かないといけない

 

・経験値トラップがないと

    修復できない

 

 

ちなみに僕は

断然 無限派です

 

いちいち矢を足す手間がめんどうなんですね  (;´∀`)

 

ですので

拠点の近くは矢が補給できる修繕弓

 

遠くに冒険のときは矢が一本で済む無限弓

 

おススメです

 

 

強いか検証

 

ここからアイアンゴーレムトラップまで届きます

 

・・・

フレイムがついていると

豚や牛を倒した時に焼かれている状態でドロップします

 

チェーン装備のスケルトンでも

1っ発でした

 

ちなみにこのワールドはハードです

ROCKしてあるのでズルはできません(しません)

 

夜に敵と戦う

夜は敵がうじゃうじゃいるので

戦いたい方にうってつけです

 

爆破されたり

 

4人のスナイパーに狙われたり

 

いろいろな敵に囲まれたり

 

左のクリーパーが太っているのは

爆破寸前だからです

 

ダイヤ装備にエンチャントする

ついでに装備にこのようなエンチャントをしました

エンチャント本を合成しまくり

ガチガチな装備になりました

 

落下耐性検証

落下耐性Ⅳがどれほど強いのか検証します

マイクラ初めて作った空撮の塔です

 

たぶん高さは50ブロックぐらいあるので

ギリギリHPが残るぐらいだと予想します!

 

上に登ると

村人の数がどれほど多いのかわかります

 

さあ落下しましょう! (゜Д゜)

 

落下時のHPは10個でした(1つのハートは2のHPです)

 

ということは100ブロックから落ちても

生き延びるということですね

 

敵に追われても飛び降りれば助かるでしょう (^・ω・^)ホント―?

保証します!(保証するものはありませんが・・・)

 

 

最強の弓まとめ

ゴールド装備はゾンビやスケルトンの形見拾ったものです

 

今回は最強の弓を作りました

ほとんどの敵はワンパン

「今度からは主力の武器は弓です」と言い張れます

 

 

以上

最強の弓を作る!でございました

 

最後まで見ていただき

ありがとうございます

 

 

 それでは次回~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください