【開拓記-069】無限レール増殖機1.12.2対応版の作り方!


この記事はTAIHARUのマインクラフト開拓記で掲載した内容です。皆さんの要望があったため公開することにしました。変更は加えていません。

 

こんにちは~

TAIHARUのマインクラフト開拓記

タイクラへようこそ!

 

レール無限~♪

管理人のTAIHARUです

 

今回は無限レール増殖機を作ります!

 

いろいろな動画を見ていたら

偶然見つけてしまったんですね

 

バグ技ですので

次期アップデートでは

修正される可能性が大です

 

なので今のうちに作って

貯めておきましょう!

( ^ω^)b

 

 

というわけでマイクラをレッツプレイ!

 

とっても簡単!回路の作り方

f:id:tai_haru:20180218165003p:plain

最初にある程度の敷地を用意してください

 

自分は自動焼肉機の隣に建てます

 

 

f:id:tai_haru:20180218165028p:plain

まず地面から3マス以上開けて

5×3と出っ張った部分を作ります

 

 

f:id:tai_haru:20180218165040p:plain

粘着ピストンをこの向きに設置

 

スライムブロックは補助ブロックなので

設置し終わったら壊します

 

 

f:id:tai_haru:20180218165047p:plain

回路は画像の通り

 

コンパレーターは右クリックして

減算モード?にします

 

この回路は最速のクロックなので

いろいろな場面に出てきます

 

覚えておきましょう

( ^ω^)b

 

 

これで回路は完成です

(*⌒▽⌒*)

 

果たしてこれを回路と呼んでいいのか?

ここまで3分でできました

 

 

レール増殖部分の作り方!

f:id:tai_haru:20180218165109p:plain

粘着ピストンを設置した所から

画像のようにスライムブロックを置きます

 

この装置の一番ネックなところは

材料調達の難しさ

 

スライムブロックはスライムトラップで、

コンパレータ―の材料のネザー水晶は

ネザーに行かないと取れません

(;´∀`)

 

作り方はすごく簡単ですが

材料調達が難しいので

中盤あたりに作るのがおすすめです

( ^ω^)b

 

 

f:id:tai_haru:20180218165116p:plain

そしたらスライムブロックの上に

複製したいレールを設置

 

パワードレール

普通のレール

アクティベターレール

 

普通のレールはすぐできますので

パワードレールをたくさん複製します

 

その場合

パワードレールは端に設置

 

パワードレールは

レッドストーン信号が入っていないと

ブレーキの役目を果たします

 

 

レールを無駄にしない!

f:id:tai_haru:20180218165145p:plain

このレール増殖機では

こぼれ落ちたレールを回収するので

装置全体を囲う必要があります

 

なので囲った結果が・・・

 

 f:id:tai_haru:20180218165239p:plain

こうなりました

 

下にはホッパーを敷き詰めて

チェストに回収する機構です

 

囲い方は立地によって異なりますので

ご自分で設計お願いします

m(_ _)m

 

参考動画

 


【カズクラ】レール無限!?レール増殖装置作ってみた!マイクラ実況 PART836

 

無限レール増殖機の作り方は

【カズクラ】レール無限!?レール増殖装置作ってみた!マイクラ実況 PART836

 

 

こちらの動画を参考にさせていただきました!

 

動画のほうがわかりやすいこともあるので

ぜひご覧ください

 

 

作り方まとめ

f:id:tai_haru:20180218165256p:plain

はい!今回は無限レール増殖機の

詳しい作り方をご紹介しました

 

これと同じようなものに

『カーペット無限増殖機』があるようなので

 

時間があれば明日ご紹介します

 

以上

無限レール増殖機

1.12.2対応版の作り方!

で、ございました

 

最後まで見ていただき

ありがとうございます

 

それでは次回の記事もお楽しみに~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください