NEW taiharu.com!

【Minecraft】実用性&オシャレな家を作ろう!

みなさん、建築をするたびに豆腐小屋になっていませんか?

そこで今回は『実用性のある家づくり』と称しまして、最終的には実用性のある家をつくるというシリーズです。

オシャレな家などは画像検索するとたくさんでてきて、本当にかっこいいし作ってみたくなるけど、サバイバルモードでの実用性はまったくありませんよね?

参考

マイクラ おしゃれな家Google検索

なのでデザインよりも、チェストの容量とか、効率のいい導線など、サバイバルでの生活に役立つ家の作り方を解説したいと思います。

 

豆腐小屋とは?

豆腐小屋とは簡単に言うと、

  • 正方形 or 長方形で、豆腐の形みたいで、
  • ブロックだけで作られていて、(凸凹がない)

ですね。

 

サバイバルモードをある程度進めてくると、物がだいぶ増えてきますよね。チェストがこんなにあると物が管理しにくいですし、必要なものがすぐに探せません。

サバイバルで家を作るならしっかり管理できるし、収容量がたくさんあるようしないといけませんね、と言うかマイクラで家を作る一番の理由は、チェストを大量に置くための倉庫みたいなものだと思います。

 

実用性のある家の作り方

まず最初に11×14の長方形を作ります。これが家の大きさとなるので大きくする場合には、13×16など縦横比を合わせましょう。

 

そしたら、ブロック3段積み上げて、壁を作ります。

 

たぶん画像を見れば、アイテムの配置が大体わかると思います。

ポイントはチェストを15個配置することで、マイクラ中盤~終盤ぐらいまでのアイテム量なら余裕で足りますし、エンチャント台も終盤になると使わなくなるので、チェストを増やす改装をしてもいいですね。

MEMO
額縁の中にアイテムを飾って、収納しているアイテムをわかりやすくするという工夫ができます。

入口にはドアを付けておきましょう。

 

見た目&採光のためにガラスを使いたいですが、ドアの横には使ってはいけません。

というか、使ったら見た目が台無しですし、建築をするときにはやらないようにしましょう。

 

ガラスの位置

ガラスの位置はエンチャント台側はこちら。

 

入口側はこのようにしました。

ガラスは、夜が明けて敵が居ないかの確認用と、朝か夜かの確認用に便利です。

 

屋根の作り方

屋根を作るのですが、色が同じだとのっぺりしてしまいますよね。

今回は壁をシラカバにしたので、屋根はオークにします。これがポイントです。
屋根は薄い色より、濃い色にした方が見栄えがいいというテクニックを使っています。

 

屋根を作るには内側にブロックを置いて、外側に階段ブロックを付けます。

 

そしてガラスを付けます。内側も、階段ブロックを逆さ向きにしてつけてください。

これにて完成となります!

 

屋根の上にオプションとして、煙突を付けてもいいかもしれません。

 

というわけで『実用性&オシャレな家を作ろう!』でございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です