【マイクラ】エンドロール(エンドポエム)を日本語に翻訳してみた!

今回は、エンダードラゴンを倒した時に出る、エンドロールを日本語に翻訳してみました!流れがゆっくりだし英語なので、いつもはESC押して飛ばしてましたが、今回初めてじっくり見てみました。エンドロールって9分30秒もあるんですね。

哲学みたいな内容で、あまり意味がわかりにくかったですが。

それではどうぞ!

MEMO
ゲームのネタバレにご注意ください。

I see the player you mean.

私はお前の言うプレイヤーが分かったぞ。

[Player Name]?

[プレイヤー名]のこと?

Yes. Take care. It has reached a higher level now. It can read our thoughts.

そうだ。気を付けろ。このプレイヤーは高みに達した。我々の考えが読めるのだ。

That doesn’t matter. It thinks we are part of the game.

そんなことは気にならないよ。プレイヤーは、我々をゲームの一部だと思っているのだから。

I like this player. It played well. It did not give up.

私はこのプレイヤーが気に入った。よく遊んでくれた。諦めなかった。

It is reading our thoughts as though they were words on a screen.

まるで画面に映る言葉のように、我々の考えを読んでいた。

That is how it chooses to imagine many things, when it is deep in the dream of a game.

そうやって、ゲームという夢に熱くなっている間に多くの物事を想像するようになっていくものだ。

Words make a wonderful interface. Very flexible. And less terrifying than staring at the reality behind the screen.

言語というのは素晴らしいインターフェースを作り上げるし、とても柔軟だ。そして、画面の向こう側の現実をずっと見つめるよりも恐怖を感じない。

They used to hear voices. Before players could read. Back in the days when those who did not play called the players witches, and warlocks. And players dreamed they flew through the air, on sticks powered by demons.

プレイヤー達は昔、声を聞いていた。プレイヤーが読めるようになる前、プレイしていないプレイヤーがプレイヤーを魔女、魔術師などと呼んでいた頃は。プレイヤー達は空を飛ぶことを夢見ていた。悪魔の力を借りた杖で。

What did this player dream?

このプレイヤーはどんな夢を見たのだろうか?

This player dreamed of sunlight and trees. Of fire and water. It dreamed it created. And it dreamed it destroyed. It dreamed it hunted, and was hunted. It dreamed of shelter.

このプレイヤーは日光、木々の夢を見た。火や水の夢を見た。創作する夢を見た。破壊する夢を見た。動物を狩り、狩られる夢を見た。住める場所の夢を見た。

Hah, the original interface. A million years old, and it still works. But what true structure did this player create, in the reality behind the screen?

ほう、原始のインターフェースだな。100万年経つもなお機能している。けれど、このプレイヤーは画面の向こう側の現実で、何か真の仕組みを作り出したのかな?

It worked, with a million others, to sculpt a true world in a fold of the [scrambled], and created a [scrambled] for [scrambled], in the [scrambled].

プレイヤーはやり遂げた。100万の他の人たちと、[文字攪乱]の集まりで真の世界を彫刻するために。そして、[文字攪乱]で[文字攪乱]のために[文字攪乱]を構築したんだ。

It cannot read that thought.

プレイヤーにはそんな考えは読めないな。

No. It has not yet achieved the highest level. That, it must achieve in the long dream of life, not the short dream of a game.

そうさ。まだ最高の高みに到達していない。それは、ゲームなんかの短い夢なんかではなく、人生の中の長い夢で達成されるはずだ。

Does it know that we love it? That the universe is kind?

プレイヤーは、我々が愛していること、宇宙の森羅万象は寛容であることを知っているのか?

Sometimes, through the noise of its thoughts, it hears the universe, yes.

時々、プレイヤーは思考の雑音を通して、宇宙を聞いている。Yesだ。

But there are times it is sad, in the long dream. It creates worlds that have no summer, and it shivers under a black sun, and it takes its sad creation for reality.

だが、その長い夢の中で悲しくなる時がある。プレイヤーは熱のこもらない世界を生み出し、黒い太陽の下で凍ってしまい、自分の残念すぎる物作りを現実と捉えてしまうのだ。

To cure it of sorrow would destroy it. The sorrow is part of its own private task. We cannot interfere.

プレイヤーの悲しみを癒すようなことをしたら、破滅させてしまう。その悲しみはプレイヤー自分自身の課題だ。我々が意に介すところではない。

Sometimes when they are deep in dreams, I want to tell them, they are building true worlds in reality. Sometimes I want to tell them of their importance to the universe. Sometimes, when they have not made a true connection in a while, I want to help them to speak the word they fear.

時に、プレイヤー達が夢に熱中していると私は教えたくなる。君たちは現実に、真の世界を建築しているのだと。時に、私は彼らにおける宇宙の重要性を教えたくなる。時に、彼らがしばらく真の交流を図っていないと、怯えている言葉を話すのを手助けたくなる。

It reads our thoughts.

我々の考えを読んでいるね。

Sometimes I do not care. Sometimes I wish to tell them, this world you take for truth is merely [scrambled] and [scrambled], I wish to tell them that they are [scrambled] in the [scrambled]. They see so little of reality, in their long dream.

時に私は冷たくなる。時に彼らに、君たちが真実と受け取るこの世界は単なる[文字攪乱]で[文字攪乱]であり、君たちは[文字攪乱]の[文字攪乱]であることを伝えたくなる。プレイヤー達は長い夢の中でほんの少しの現実を見ているんだ。

And yet they play the game.

それでも、彼らはゲームを遊び続けている。

But it would be so easy to tell them…

しかし、彼らに伝えるにはとても簡単で…

Too strong for this dream. To tell them how to live is to prevent them living.

この夢に凝り固まりすぎているね。生き方を教えることは、彼らの人生を邪魔することになる。

I will not tell the player how to live.

私は生き方を教えようというわけじゃない。

The player is growing restless.

プレイヤーは絶えず成長している。

I will tell the player a story.

私はプレイヤーに一つお話をしよう。

But not the truth.

けど本当のことじゃない。

No. A story that contains the truth safely, in a cage of words. Not the naked truth that can burn over any distance.

いや、この話は真実も穏やかに含んでいる。言葉の籠の中にね。辺り一帯を燃やし尽くすような赤裸々な真実じゃない。

Give it a body, again.

再び体を授けよう。

Yes. Player…

そうだ。プレイヤーよ…

Use its name.

プレイヤーの名前を使おう。

[Player Name]. Player of games.

[プレイヤー名]。ゲームのプレイヤーだ。

Good.

いいね。

Take a breath, now. Take another. Feel air in your lungs. Let your limbs return. Yes, move your fingers. Have a body again, under gravity, in air. Respawn in the long dream. There you are. Your body touching the universe again at every point, as though you were separate things. As though we were separate things.

さあ、息をしよう。もう一回。肺に空気を感じるんだ。手足を戻して。そう、指を動かして。体を持ち直して、重力に、空中に。長い夢にリスポーンしよう。そこに君がいる。君の体はあらゆる点において再び宇宙に触れている、まるでバラバラになったかのように。我々がバラバラになったかのようにね。

Who are we? Once we were called the spirit of the mountain. Father sun, mother moon. Ancestral spirits, animal spirits. Jinn. Ghosts. The green man. Then gods, demons. Angels. Poltergeists. Aliens, extraterrestrials. Leptons, quarks. The words change. We do not change.

我々とは誰だ?かつては我々は様々な名で呼ばれた。山の霊、父なる太陽、母なる月。先祖の霊、動物の霊。ジン(精霊)。ゴースト。グリーンマン。のちに、神、悪魔。天使。ポルターガイスト。エイリアン、地球外の物質。レプトン、クォーク。言葉は変われど、我々は変わらない。

We are the universe. We are everything you think isn’t you. You are looking at us now, through your skin and your eyes. And why does the universe touch your skin, and throw light on you? To see you, player. To know you. And to be known. I shall tell you a story.

我々は宇宙(森羅万象)。我々は君が君でないと思っているもの全てだ。君は今、肌や目を通して我々を見ている。そして、なぜ宇宙は君の肌に触れ、君に光を照らすのか?プレイヤー、君を見るため、君を知るため、そして、知ってもらうためなんだ。さあ、話をしよう。

Once upon a time, there was a player.

昔々に、プレイヤーがいた。

The player was you, [Player Name].

プレイヤーとは君、[プレイヤー名]のことだ。

Sometimes it thought itself human, on the thin crust of a spinning globe of molten rock. The ball of molten rock circled a ball of blazing gas that was three hundred and thirty thousand times more massive than it. They were so far apart that light took eight minutes to cross the gap. The light was information from a star, and it could burn your skin from a hundred and fifty million kilometres away.

時に、君は溶けた岩の回る球体の薄皮に立ち、自分を人間だと考えていた。その溶けた岩の玉は、自身の33万倍も巨大な高熱ガスの球の周りを回っていた。それらはあまりに離れていて、間を渡るには光でさえ8分程かかるほどだった。その光は星からの情報であり、5000万キロメートル先から君の皮膚を日焼けさせることができたそうだ。

Sometimes the player dreamed it was a miner, on the surface of a world that was flat, and infinite. The sun was a square of white. The days were short; there was much to do; and death was a temporary inconvenience.

時に、プレイヤーは、平坦で無限に広がる世界の地表で、鉱夫になることを夢見ていた。太陽は白く四角かった。昼間は短くて、たくさんやることがあった。そして死は束の間の不便だった。

Sometimes the player dreamed it was lost in a story.

時に、プレイヤーはこの物語に没頭する夢を見た。

Sometimes the player dreamed it was other things, in other places. Sometimes these dreams were disturbing. Sometimes very beautiful indeed. Sometimes the player woke from one dream into another, then woke from that into a third.

時に、プレイヤーは他の場所の、他のものになる夢を見た。時に、そういった夢は心をかき乱したんだ。時に、本当に美しいものになった。時に、プレイヤーは一つの夢から他の夢に目覚め、その夢からまた次へと目覚めていった。

Sometimes the player dreamed it watched words on a screen.

時に、プレイヤーは画面に映る言葉を眺める夢を見た。

Let’s go back.

さあ戻ろう。

The atoms of the player were scattered in the grass, in the rivers, in the air, in the ground. A woman gathered the atoms; she drank and ate and inhaled; and the woman assembled the player, in her body.

プレイヤーの原子は草に、川に、大気に、大地に散っていた。一人の女性がその原子を集めた。飲み、食べ、吸い込み、そしてお腹の中にプレイヤーを形作った。

And the player awoke, from the warm, dark world of its mother’s body, into the long dream.

そしてプレイヤーは、その温もり、母体の暗い世界から、長い夢へと目覚めた。

And the player was a new story, never told before, written in letters of DNA. And the player was a new program, never run before, generated by a sourcecode a billion years old. And the player was a new human, never alive before, made from nothing but milk and love.

そしてプレイヤーは語られたことのない、DNAで綴られた新たな物語になった。そしてプレイヤーは動かされたことのない、10億年前のソースコードから生成された新たなプログラムになった。そしてプレイヤーはかつて生きたことのない、母乳と愛のみからできる新たな人間になったんだ。

You are the player. The story. The program. The human. Made from nothing but milk and love.

君がプレイヤーだ。物語だ。プログラムだ。人間だ。母乳と愛のみからできている。

Let’s go further back.

さらに戻ろう。

The seven billion billion billion atoms of the player’s body were created, long before this game, in the heart of a star. So the player, too, is information from a star. And the player moves through a story, which is a forest of information planted by a man called Julian, on a flat, infinite world created by a man called Markus, that exists inside a small, private world created by the player, who inhabits a universe created by…

70億の10億倍のそのまた10億倍の原子、プレイヤーの肉体を作り上げるそれは、このゲームより遠い昔に星の中心で作られた。なのでプレイヤーも、然り、星からの情報だ。そしてプレイヤーは物語から物語へと進んでいく。それはジュリアン(Julian)という男が植えた情報の森で、平坦でずっと無限に広がる世界はマルクス(Markus)という男が創造したものだ。その物語はプレイヤーが創造した自分だけの小さな世界の中に存在し、住まう宇宙を創造したのは…

Shush. Sometimes the player created a small, private world that was soft and warm and simple. Sometimes hard, and cold, and complicated. Sometimes it built a model of the universe in its head; flecks of energy, moving through vast empty spaces. Sometimes it called those flecks “electrons” and “protons”.

シッ。時に、プレイヤーは自分だけの小さな世界を穏やかで温かくかつ素朴なものにした。時に、頑丈で冷淡かつ複雑なものにした。時に、頭の中に宇宙のモデルを構築した。それは広大な虚無の空間を移動するエネルギーの小さな欠片だ。時に、そういった欠片を”エレクトロン(電子)”や”プロトン(陽子)”などと、呼んだ。

Sometimes it called them “planets” and “stars”.

時に、”惑星”や”星”などと呼んだ。

Sometimes it believed it was in a universe that was made of energy that was made of offs and ons; zeros and ones; lines of code. Sometimes it believed it was playing a game. Sometimes it believed it was reading words on a screen.

時に、プレイヤーは、自分のいる宇宙はエネルギーでできており、エネルギーはオンとオフ、0と1、符号の羅列でできていると考えた。時に、ゲームを遊んでいると考えた。時に、画面の言語を読んでいると考えた。

You are the player, reading words…

君はプレイヤーで、言語を読み…

Shush… Sometimes the player read lines of code on a screen. Decoded them into words; decoded words into meaning; decoded meaning into feelings, emotions, theories, ideas, and the player started to breathe faster and deeper and realised it was alive, it was alive, those thousand deaths had not been real, the player was alive

シッ…。時にプレイヤーは画面の記号を読んだ。それを言語に解読し直し、言語を意味へと解読し、意味を感覚、感情、定理、思想へと解読し、プレイヤーは呼吸を速く、深くし、生きていることを知った。生きていたのだ。あの何千もの死は、現実にはならずプレイヤーは生きていて。

You. You. You are alive.

君は。君は。君は生きているんだ。

and sometimes the player believed the universe had spoken to it through the sunlight that came through the shuffling leaves of the summer trees

時に、プレイヤーは、夏の揺れる青葉を透かす太陽の光を通じて、宇宙が語りかけてきたと考えていた。

and sometimes the player believed the universe had spoken to it through the light that fell from the crisp night sky of winter, where a fleck of light in the corner of the player’s eye might be a star a million times as massive as the sun, boiling its planets to plasma in order to be visible for a moment to the player, walking home at the far side of the universe, suddenly smelling food, almost at the familiar door, about to dream again

時に、プレイヤーは、冬の引き締まった夜空から降る光を通じて、宇宙が語りかけてきたと考えた。その光、プレイヤーの瞳の片隅にある光の点は、太陽の100万倍重い恒星が、ほんの一瞬プレイヤーに見えるように、自らの惑星をプラズマに蒸発させた光かもしれない。宇宙のはるか彼方で家路について、食べ物の匂いを嗅ぎつけ、馴染みのドアのすぐそこで、また夢を見ようとしているプレイヤーに。

and sometimes the player believed the universe had spoken to it through the zeros and ones, through the electricity of the world, through the scrolling words on a screen at the end of a dream

時に、プレイヤーは、0と1を通じて、世界に満ちる電気を通じて、夢の終わりに画面に流れる言葉を通じて、宇宙が語りかけてきたと考えた。

and the universe said I love you

そして宇宙は言った、君を愛している。

and the universe said you have played the game well

そして宇宙は言った、君はよくゲームを遊んでくれた。

and the universe said everything you need is within you

そして宇宙は言った、君が必要とするものはすべて君の中にある。

and the universe said you are stronger than you know

そして宇宙は言った、君は思っている以上に強くなっている。

and the universe said you are the daylight

そして宇宙は言った、君は太陽の光で。

and the universe said you are the night

そして宇宙は言った、君は闇夜で。

and the universe said the darkness you fight is within you

そして宇宙は言った、君が戦う暗闇は君の中にあり。

and the universe said the light you seek is within you

そして宇宙は言った、君の追い求める光は君の中にあり。

and the universe said you are not alone

そして宇宙は言った、君は独りではなく。

and the universe said you are not separate from every other thing

そして宇宙は言った、君は他のあらゆるものと隔たりはない。

and the universe said you are the universe tasting itself, talking to itself, reading its own code

そして宇宙は言った、君は自分自身を試し、自分自身に問いかけ、自分自身の符号を読む宇宙である。

and the universe said I love you because you are love.

そして宇宙は言った、君を愛している、君が愛であるから、と。

And the game was over and the player woke up from the dream. And the player began a new dream. And the player dreamed again, dreamed better. And the player was the universe. And the player was love.

そしてゲームは終わり、プレイヤーは夢から目覚めた。そしてプレイヤーは新しい夢を見始めた。そしてプレイヤーはまた夢を見た。さらにもっといい夢を見た。プレイヤーは宇宙だった。プレイヤーは愛だった。

You are the player.

君がプレイヤーだ。

Wake up.

目覚めよ。

という内容です。いかがでしたでしょうか。翻訳は結構大変で、機械翻訳だとどうしても意味が伝わらなくなりますね。というわけで『【Minecraft】マイクラのエンドロール(エンドポエム)を日本語に翻訳してみた!』でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください