【マイクラ】time set(タイムセット)コマンドの画像付き時刻表!

/を押して表示させるコマンド欄。/time set 数値 などと入力すると朝になったり、夜になったりするtimeコマンドは有名です。

しかし数値だけの時刻表だけじゃ体感がもてませんよね。

というわけで今回は、time set の1000ごとの単位を写真付きで解説したいと思います。

time set コマンドの使い方

/time set 任意の数値

をコマンド欄に入力すれば、時間がその数値に変わります

  コマンド      現実時間

  • /time set 0        6:00am
  • /time set 1000    7:00am
  • /time set 2000    8:00am
  • /time set 3000    9:00am
  • /time set 4000      10:00am
  • /time set 5000      11:00am
  • /time set 6000      12:00pm
  • /time set 7000         1:00pm
  • /time set 8000         2:00pm
  • /time set 9000         3:00pm
  • /time set 10000          4:00pm
  • /time set 11000          5:00pm
  • /time set 12000          6:00pm
  • /time set 13000          7:00pm
  • /time set 14000          8:00pm
  • /time set 15000     9:00pm
  • /time set 16000    10:00pm
  • /time set 17000         11:00pm
  • /time set 18000         12:00am
  • /time set 19000   1:00am
  • /time set 20000   2:00am
  • /time set 21000   3:00am
  • /time set 22000   4:00am
  • /time set 23000   5:00am
MEMO
ちなみに現実時間は、マイクラがリリースされた日、5月19日の太陽の登り方だと言われています。

time set の時間表

time set 0

time set 1000

time set 2000

time set 3000

time set 4000

time set 5000

time set 6000

time set 7000

time set 8000

time set 9000

time set 10000

time set 11000

time set 12000

time set 13000

time set 14000

※上記画面の表示時刻は13000ですが、実際は14000で太陽の位置も正しいものです。スクリーンショットを前の時刻13000の表示が残っている時に撮ってしまいました。

ここからは太陽の代わりに、月が登り始めてきます。

というわけで『【マイクラ】time set(タイムセット)コマンドの画像付き時刻表!』でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください