NEWS:パンダの生態を解説

【マイクラ】レッドストーンランプを使った自動照明装置の作り方

マイクラでは松明が主な照明ですが、どうしても古典的なのでビルなどに使うのは合わないですよね。今回ご紹介する自動照明装置を使えば、レバー1つでレッドストーンランプを操作できるようになります。

仕組みも簡単で、ON・OFFが素早く切り替えられる照明ですので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

装置のご紹介

こちらが今回ご紹介する照明装置です。仕組みは簡単で、使う材料も余りがちなレッドストーンと粘着ピストン、レッドストーンランプしか使っていません。

見て分かる通り、レバーをONにすると粘着ピストンが動き、前のレッドストーンブロックが前に押し出されます。その押し出されたレッドストーンブロックが前の粘着ピストンに動力を与え、またレッドストーンブロックが押し出され・・・という感じでどんどん明かりが点灯していきます。

レッドストーンブロックが押し出されたときに、レッドストーンランプが点灯しています。

押し出されたときにレッドストーン信号を出すので、音符ブロックやそのままレッドストーンを設置してもいいでしょう。

ヒント
レッドストーンを設置した先に回路を作れば、複数の回路を同時に動かすことができます。

各材料のレシピ

レシピは知っているからスキップ!

ピストンのレシピは、丸石4つと木材3つ、鉄とレッドストーンをそれぞれ1つずつ使います。ピストンっていつも作り方を忘れてしまうんですよね。

ピストンとスライムボールを作業台などに配置すれば、粘着ピストンが出来上がります。

レッドストーンブロックの作り方です。この装置を作る際には結構な量を消費できます。

レッドストーンランプのレシピです。グロウストーンを使うので、村人増殖などで村人を増やして、村人と取引をして集めるのが効率がよいでしょう。

作り方

画像を見れば大体わかると思いますが、作り方も載せておきます。

まず最初に、レバーを設置したいところの前にレッドストーン信号を通すブロック(ガラスや金床は不可)を設置します。

その先に、粘着ピストンをレッドストーンブロックの方向に向けて設置します。

粘着ピストンを設置するときは、画像でいう石ブロックにカーソルを当てて置けばいいですね。

レッドストーンブロックから1ブロック分空けて、その前に粘着ピストンを設置。その前にレッドストーンブロックを忘れずに置いてください。

あとはこれを繰り返していきます。 

画像の黄色い所に、レッドストーンランプや音符ブロック、レッドストーンを設置すればいいですね。

今までのレッドストーンを使ったやり方では場所をとりましたが、今回の装置を使えば1マス分で使用可能です。注意点としましては、素早くレバーをON・OFF繰り返してしまうと、装置が壊れてしまう点ですね。

その場合は時間を置いてからもう一度レバーを触れば解消されます。長く作れば作るほど、起こりやすい現象なので注意しましょう。

 

というわけでいかがでしたでしょうか。この回路は便利でなおかつ、ON状態からOFFに戻るまでの間が非常に短いのがいい点ですね。

簡単で便利な装置ですが、このような装置を目にしたことはありませんでした。というわけで、名前が必要なほど複雑な装置ではありませんが、『NRS装置』とでも名ずけることにしました。粘着ピストンで、レッドストーンブロックを押して、信号を発信する、という意味です。

以上『【マイクラ】レッドストーンランプを使った自動照明装置の作り方』でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください