【マイクラ】最新バージョン1.12.2 Windows対応のForge導入方法!MODで遊ぼう

あなたはMODを使ってマイクラをカスタムして遊びたいですか?

世の中に出回っているMODの大半は、Forgeという別のプログラムを導入して準備しないと動かないんです。そして、このForgeの導入がややこしい…。

MODとは、マイクラの様々な機能を拡張するための改造データということになります。そのため、公式のMojangではサポートしていません。

しかし和製のMODもあり、導入方法も日本語で説明されているものもあるので、心配な方はそちらを選ぶといいでしょう。

この記事ではわかりやすく、バージョン1.6や最新の1.12.2でもできるForgeの導入方法を解説しています。もちろんMOD自体の導入方法も。

仕組みも解説しているので、セーブデータもしっかり守れますし、1つ1つ手順を踏んでいけば正しくできるはずです!

注意
たまにSwitch、おっと間違えた、Minecraft(BE版)やWii UにMODが入れられると思っている方がいますが、MODが入れられるのはJava版(PC版)だけです。

 

また、軽量化MODで有名なOptiFineを導入する場合にはForgeは必要ありません。自分のところではForgeとOptiFineが競合を起こしたことがあるので、一緒に導入しないことをおすすめいたします。

MODを導入しよう!

大まかに説明すると、ForgeはMODを動かすためのプログラムです。

Forge導入作業はちょっとややこしいですが、苦労した分、その後のMODの導入がすごく簡単になります。ダウンロードしたファイルをmodsフォルダーに入れるだけです。

大概の場合は解凍しなくても大丈夫ですが、MOD作者が解凍して、と指定していたら解凍してください。

MODが最新ver.に対応していない理由
現在出回っているほとんどのMODはForgeがインストールされていないと使えません。例えば1.13に対応するMODを作る場合、1.13がリリースされてForgeがそれに対応してから、それからMODが作られます。

あと、マイクラが年々アップデートされてMODが作るのが難しくなってきているので、ver.1.7.10 とか 1.10.2 のMODが充実しているようです。

Minecraft Forgeのインストール方法

ここからはForgeのインストール方法を解説していきます。バージョンが1.7.10でも1.12.2でも、どのバージョンでもやり方は同じです。

あと、マイクラは自動でアップデートされますが、Forgeは自動ではアップデートされません。

よって、バージョンアップした場合には、手動でForgeを更新しなければいけませんが、それほど頻繁に行われていないので、3か月に1回ぐらいの頻度でいいですね。

注意事項:お使いのパソコンに最新バージョンのJavaがインストールされていない場合、正常に導入ができない場合がります。
この記事を参考に、最新バージョンをインストールしてください。

Forgeのダウンロード

上のリンクをクリックし、Forgeをダウンロードできるページにアクセスします。
まず最初に画面左側でダウンロードしたいバージョンを選びます。-を押すと○○.2とかの細かいバージョンを選択できます。

そして重要なこととして、自分が遊びたいMODが対応しているバージョンを選んでください。入れたいMODのダウンロード先でどのバージョンが対応しているか書いているはずなので、確認してからバージョンを選ぶようにしましょう。
バージョンを選択したら推奨版か最新版のどちらかのForgeをダウンロードします。特にこだわりが無い場合、定番の推奨版がおすすめ。というか推奨版を選んでください。

クリックしたら広告の別サイトに飛ばされます。5秒(または10秒)待って、SKIPが押せるようになったらSKIPをクリックします。

※重要※ Forgeをダウンロードしたらそのバージョンのマイクラをワールドを作って必ず遊んでください。1.7.10のForgeを導入するなら、1.7.10で1回は遊ばないと正常に導入ができません。

MEMO

仕組みはこのようになっています。広告の別サイトを経由することで、Forgeに収益が入るわけですね。
推奨版をクリックしたら数回に一度、警告文が表示されましす。この場合は気にせずに、Forgeのページに戻って再度試してください。

【追記】

さらに別の日に試してみると、Googleを装ったサイトが表示されました。翻訳が雑ですし住所を入力しろと書いてあったので、ページを閉じてしまってください。

ダウンロードしたらファイルをクリックして開きます。
発行元が確認できないそうですが、Forgeは何百万人に使用されているので大丈夫でしょう。実行をクリックしてください。
インストーラーの画面が開くので、初期設定のままOKをクリック。
インストールし終えると、メッセージが表示されます。OKを押しましょう。

ここで一旦休憩
Forgeは翻訳すると『鍛冶場』という意味があります。ロゴも鍛冶屋っぽいですよね。

Minecraftランチャーでの設定

Minecraft:Java版を起動し、『起動オプション』を選択します。

『新規作成』をクリックします。
新しくMODを遊ぶ用のバージョンの設定をします。

  • 名前は自由に決めてください。MOD名にするとわかりやすいです。
  • バージョンは後で解説します。
  • 解像度を選びます。モニターに合った解像度を入力してください。
  • ゲームディレクトリを選択します。先程インストールしたForgeの場所を指定してください。(.minecraftのversionsの中にあります)
注意
AppDataは隠しフォルダーなので、ある手順を踏まないと表示されません。スクリーンショットを見たいときなど、これからのマイクラで活用しておきたいので、表示させるようにしておきましょう。

Windows7の方はここをクリック
Windows10の方はここをクリック

バージョンは必ずインストールしたバージョンを選択してください。1.12.2までは合っていても、Forgeのバージョンの細かい数字も必ず合わせないといけません。
マイクラの画面を開いて左下にForgeの文章が表示されたら導入成功です!

これでMODで遊ぶ準備はできました!あとは遊んでみたいMODをダウンロードして、modsフォルダーにファイルを入れるだけです。

Forgeを導入するのはいろいろ手順があって少々手間がかかりますが、MODを入れるのは3分でできちゃいます!

以上、『【マイクラ】最新バージョン1.12.2 Windows対応のForge導入方法!MODで遊ぼう』でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA