【マイクラ】5種ある海バイオームの種類を簡単に見分ける2つの方法

マイクラの海バイオームは『暖かい海』・『ぬるい海』・『普通の海』・『冷たい海』・『凍った海』とそれぞれの亜種である『〇〇の深海』から成り立ちます。しかし冷たい海と凍った海など、見分けがつきにくいものがあるんです。見分ける簡単な方法は2つ、海の色とMobを使います。

そこで今回は海バイオーム5種類の見分ける方法を、海の色とスポーンするMobで解説。画像を使ってわかりやすくまとめました。

海の色で見分けよう

淡い水色が、『暖かい海』。青緑色が、『ぬるい海』。青とグレーを混ぜた色が、『普通の海』。青色が、『冷たい海』。紺色が、『凍った海』。

空中からでもわかるのが色を使った方法。特に暖かい海とぬるい海は色にメリハリがあるので、すぐにわかります。色を使った方法の問題点としては、普通の海と冷たい海の色が似ているところ。凍った海は氷が生成されているので遠くからもわかります。

特に特徴がある、2つの海バイオームを見ていきましょう。

暖かい海

暖かい海は何と言っても、サンゴが生成されるのが特徴的です。海の色も淡い水色で、温暖な雰囲気がある暖かい海ですが、フグが生息しています。近づけば毒を食らう事も。

もちろん沈没船や海中遺跡も生成されます。

【マイクラ】沈没船(難破船)の探し方や基本を解説!イルカが近くにいるぞ

凍った海

凍った海には水のアップデートで追加された、『青氷』という氷系のブロックが生成されています。海の色は濃い青色。暖かい海と比較すれば色の濃さに気づくでしょう。

その他にシロクマが生息しています。叩かなければ襲ってはこないので、ボート移動に最適の青氷を集めてはどうでしょう。

スポーンするMobで見分けよう

グレーのMobが対応する海バイオームに生息していないものとなります。あと、厳密に言うとシロクマは海にスポーンしませんが、海面付近の氷に生息しているので載せています。

暖かい海には、『イルカ』、『熱帯魚』、『フグ』が生息しています。ぬるい海には、『イルカ』、『タラ』、『熱帯魚』、『フグ』が生息しています。普通の海には、『イルカ』、『タラ』が生息しています。冷たい海には、『イルカ』、『タラ』、『サケ』が生息しています。凍った海には、『サケ』、『シロクマ』が生息しています。

ご覧のようにMobはスポーンします。ちなみにですが、冷たい海でスポーンしたイルカが凍った海で暮らしている、ということがありますので悪しからず。

余談ですが、熱帯魚は数匹まとまって行動します。上空から見ると熱帯魚が見てわかりやすいので、目印の参考にしてみてください。

まとめ

今回のポイント
  • 海バイオームの種類は色で見分けられる
  • 海バイオームの種類は生息するMobの種類で見分けられる
  • 普通の海と冷たい海は一見、見分けがつきにくい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください