NEWS:村人10,000人の職業の確率を調べてみた!

【マイクラ】新チェスト「樽」の便利な使い方:チェストとの違いとは

村と略奪アップデートではチェストなどと同じようにインベントリが存在し、実際にアイテムを収納できる「樽(たる)」が追加されます。ではチェストと一体どのように違うのか、レシピと使い方をご覧ください。

樽のレシピ

樽は木材系のブロック6個とハーフブロック2個で作成できます。木材ブロックを8個使うチェストよりも作成は簡単です。木の種類は何でも構いません。

基本的な使い方

アイテムを収納

先程も説明しましたが、樽はチェストと同じようにアイテムを収納できます。インベントリのGUIも収納量もチェストと同じですね。

チェストとの違いとは

大きな違いは樽の上にブロックがあっても開ける点です。チェストの場合は、上に立方体のブロックが存在していると開くことができず、アイテムを取り出すことができませんが、樽では取り出せます。

これ、すごい大きなメリットですよね?チェストよりも作成しやすく、どこからでも開けられるって、完璧じゃないですか。

ホッパーには未対応

逆に、人によっては大きなデメリットもあります。ホッパーを樽に取り付けてもアイテムは流れませんし、取り出すこともできません。つまり、アイテムを保存しておくには樽がおすすめで、ギミックなどでアイテムを流すにはチェストが最適なのです。

まだ、2019/1/2日時点での情報ですが。

向きが2通りある

設置の方法により、樽の向きは2通りあります。なお、上に連続で設置するときにはスニーク状態で右クリックを押します。

樽は燃えない

樽は木材で作られているにも関わらず、炎で延焼することはありません。これはチェストを引き継いでいます。

というわけで皆さんも、場面によりチェストと使いわけながら、樽を活用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください