【マイクラ】火災や津波、腐食を起こせる災害バケツを追加『Apocalyptic Buckets MOD』

Apocalyptic Buckets MODを導入すれば、マイクラで延々と広がる火災や津波、ブロックを腐食させることができるようになります。いわゆる動画などで見かける『災害バケツ MOD』です。

特殊なバケツが追加されるので、使えば火災や津波が起こせるようになるんです。

また、ブラックホールまでも発生させることができてしまいます。そして人気の腐食もありますし、その上位互換も。

とにかく災害が起こせる定番のMOD、Apocalyptic Bucketsを紹介・解説したいと思います。

バケツを使うと災害が起こせる

このMODで追加されるアイテムは9種類。サバイバルモードで作れるようレシピもあります。
津波バケツを使用すると、ワールドは3分後に水没するでしょう。ですが飲み込まれてもダメージは受けませんし、ボートに乗っていれば浮上します。建築物には被害があると思いますが。

Apocalyptic Bucket(空のバケツ)

これが無いと始まらない。すべての災害バケツをクラフトするための必須のバケツです。

Tsunami Bucket(津波のバケツ)

バケツを持ちながらブロックに向かって右クリックすると、津波を起こせるようになります。高度が高いところにも設置できますが、動きが重くなってしまうので、地上から数ブロック離したところに設置しましょう。
津波によってドアは破壊されませんが、階段ブロックなどの向きが変わってしまいます。建築に被害を受けそうです。
もちろん空間にも水が浸入してきますが、それ以上、水が上に行くことはありません(例えば画像の水は2ブロック分の高さを通って侵入してきたので、高さが2ブロックより高くなることはありません)。

Void Bucket(オイルのバケツ)

(クモとブタの亜種は別のMODです)

黒色のコンクリートみたいな外見をしていますが、溶岩と同じ性質を持っているため、潜ると燃えます。
数十秒で4チャンク分ぐらい広がります。ただ、周囲に火災を発生させないので、木造の家に掛けても燃えはしません。

Fire Bucket(火災のバケツ)

使用すると水にも耐えうる緑色の炎が広がっていきます。空中にも普通に燃え広がるので、油断したらゲームオーバー。

BlackHole Bucket(ブラックホールのバケツ)

ブラックホールなので、クリエイティブモードでもプレイヤーすらも引き込まれてしまいます。そして整地にはありがたいのか…
岩盤まで破壊してしまいます。整地に使うのはいいですが、設置後数分で動きが固まってクラッシュしてしまいます。(ちなみにですが赤紫色の羊毛は吸い込まれませんでした。)

Toxic Bucket(有毒なバケツ)

色が毒々しい水。津波バケツと一緒だと思いきや…
ダイヤのヘルメットを装備したゾンビが集団スポーンする水だったのです。津波バケツよりも流れる速度が速いですので注意!

Frozen Bucket(氷のバケツ)

このバケツを使用すると、流した部分が氷になってしまいます。その場にプレイヤーやMobがいると、身動きが取れなくなってしまいます。
広がる速度は遅いですが、使用したらあなたのワールドに氷河期が訪れますよ。

White Paint Bucket(腐食バケツ)

ここで腐食バケツの登場です。流した場所のブロックがすべて白いブロックに変わってしまいます。しかも速度が速い。
ものの数秒で世界が真っ白に。岩盤ですら白いブロックに置き換えられてしまいます。

Purple Paint Bucket(腐食の上位互換のバケツ)

先程の腐食とは違い、侵食したブロックを破壊していきます。
岩盤ですら破壊されてしまい、先程紹介した腐食も侵食してしまいます。だから上位互換なのですね。

Apocalyptic Buckets MODの導入方法

  • Forgeを導入する。この記事を参照してください。
  • MODをダウンロード。このページからダウンロードできます。
  • modsフォルダーにダウンロードしたファイルを入れます。

2 Comments

TAIHARU TAIHARU

返信が遅れてしまいました…。
どのようなMODもJava版(旧PC版)でしか導入できないため「Minecraft: PlayStation 4 Edition」では遊べません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です