【マイクラ】金床を使った2つの危険な使い方 金床キャノンの作り方も解説!

この記事は最終更新から6カ月以上経過している古い記事。情報が古い可能性があるから注意して読もう。

金床をエンチャントだけではなく、武器にできないかとだいぶ前から考えていたら、ついに昨日完成させてしまいました!

金床は砂と同じく落下するので、エンティティと同じく扱えるうえに、ダメージも結構大きいので、マルチプレイでの戦いでも有利に戦えるようになりますね。

というわけで今日は、金床を武器として使用する2つの方法を書いていきたいと思います。

金床発射装置の紹介

初めてのGIF画像作りだったので、見にくいのはご了承ください。粘着ピストンと、スライムブロックで金床を発射することによって、クリーパーがダメージを大きく受けていることがわかりますね。

MEMO
ちなみにスティーブのスキンは、この装置を発明してくれた人ですね。

金床発射装置の作り方

金床発射装置の作り方は、ご覧のとおりすっごく簡単です。

 

下の金床を押し出す装置は、粘着ピストン、スライムブロックを使ってレッドストーンでクロック回路で作ります。

リピーターの遅延は1で右クリックしなくてよくて、粘着ピストンまでのレッドストーンの距離は、画像の通りの2ブロック分にしてください。

 

下から上がってきた金床を、横に押し出す装置となっています。

こちらも、クロック回路を使って、スライムブロックで押し出すのですが、クロック回路の速さを変えることによって、飛ぶ距離も変わります。自分はリピーターを遅延3にしたので、画像の一番左端に金床が落ちる予定。

注意
スライムブロックを9個の正方形にしないと、飛ばなくなることがあります。

金床爆弾の紹介

このように、金床とTNTを使います。金床をこんだけ用意するのは、サバイバルだと厳しいかもしれませんね。

 

そしてTNTに着火!TNTの威力で、100個程の金床が一斉に空に舞い上がります。広範囲に拡散するので、危ないです。

 

一番遠くまで飛んで行った金床で、目視100ブロックぐらいありますね。もっと規模の大きいものにしたら相当な破壊力ですから危ないですし、TNTを設置した地面も陥没してしまいます。

被験者として、ゾンビなどを近くに数十体スポーンさせておいたら、ほとんどが腐った肉に変わっていました。

 

金床爆弾の作り方

まず最初に、TNTを5×5で置きます。このときにTNTをケチろうと中心に設置しなかったらダメですよ。

 

そして周りを金床で囲います。この時に真ん中のTNTには着火できるように、上には金床を置かないようにしてしまいましょう。

MEMO
金床が上に置いてあるTNTを着火すると、下に金床が落ちてきて、TNTの爆発が効かなくなってしまいます。

 

というわけで『金床を使った2つの危険な使い方』でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください