【マイクラ】ダメージ抜群なフグ発射装置の作り方!トラップにも最適

今回はダメージが広範囲に与えられる「フグ発射装置」の作り方を解説します。トラップにも最適です。

フグ発射装置の完成図

このようにフグがばら撒かれ、近くにいるMobにダメージを与えることができます。フグは水がないと窒息して死んでしまうため、発射されてから約13秒後には煙をだして消えます。

土台部分

まず、オブザーバーの「顔」をお互いにくっつけ、クロック回路を作ります。

その上にディスペンサーかドロッパーを設置します。

クロック回路とディスペンサーの周りをブロックで囲みます。ディスペンサーの1つ後ろのブロックは、スライムブロックがくっ付かない不動ブロック(黒曜石やスイカ、かぼちゃ、彩釉テラコッタなど)にしてください。

不動ブロックの上に粘着ピストンを設置します。その前にはスライムブロック、他にレバーやレッドストーンダスト、ボタンなどを画像の位置に置きましょう。

また、ディスペンサー(またはドロッパー)の中にはフグのスポーンエッグを入れておいてください。

フグ発射部分

前方3ヶ所を看板で囲ったら完成です!

使い方

スライムブロックの前に水源を設置します。

レバーをオンにして数秒経過したら、レバーをオフにします。フグを召喚しすぎると窒息してしまうため、カチカチッという音が20回ぐらいしたら止めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA