【マイクラ】Minecraft実写版映画の公開日が変更へ:監督が降板

前々からちょくちょく話題になっていたマイクラの実写版映画ですが、公開日が延期するかもしれません。

なんと、途中まで映画を制作していた監督が降板したんです!

しかも、今まで制作した脚本に加筆するのではなく、全く新しく脚本を作るそうです。

ですので、これまでもまだまだ先と思っていたアメリカでの2019年5月24日の公開日から、更に大幅に遅れて、2020年以降になるかもしれません。

なんせ作り直しですから…

監督・共同脚本を降板したマケルヘニーは、同サイトに対して「あれ(実写映画化)は起こらない」とコメント。降板について、具体的な理由は明かしていない。

まあ、マイクラの実写の内容を考えるのは難しいと思いますが、マインクラフトユーザーとしてはちょっと残念ですね。

次の監督・脚本家には、『アーロン・ニー&アダム・ニー兄弟』が選ばれ起用されます。

以上、『【マイクラ】Minecraft実写版映画の公開日が変更へ:監督が降板』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA