【マイクラ1.14】実際に焼けるリアルな「バーベキューコンロ」の作り方!

今回は、実際に肉を焼けてリアルな「バーベキューコンロ」の作り方を紹介していきます。

まずは完成図

1.14から登場した焚き火ブロックを使用することで、お肉をセットして焼くことができます。家のキッチンにも使えそうですね。

作り方

鉄ブロックの上に焚き火ブロックを置き、正面の反対側に石レンガの階段ブロックを焚き火側に向けて設置します。

石レンガの階段ブロックの上にシュルカーボックスを設置します。サバイバルモードだと貴重なシュルカーを使うのはもったいないので、代替のブロックを用意しましょう。

鉄のトラップドアを設置し、下にレッドストーントーチを設置しトラップドアを立たせます。

焚き火ブロックに額縁と看板を貼り付けます。看板はジャングルがおすすめです。

さらに、焚き火ブロックの上に額縁を設置します。肉などを飾っておきましょう。

バーベキューコンロの上に▲図のようにブロックとホッパー付きトロッコを設置します。ホッパー付きトロッコは焚き火ブロックで肉が焼けてドロップした時に回収してくれるため、ぜひ設置しておきましょう。

ホッパー付きトロッコの下のブロックを破壊します。トロッコがはみ出してしまうこともあるので、その場合は押して入れてあげましょう。

最後に、旗などを設置すれば完成です!

焚き火ブロックに向かって右クリックで焼きたいものを設置すれば、焼き終わってドロップした際にホッパー付きトロッコが回収してくれます。そこから肉を取り出せばいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です